RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

9月のクラブランは、ラーメン紀行「油そば」だったが…
0

    8月のクラブランは日中の猛暑を避けてのナイトラン、潮風が心地よかった。「♪街の灯りがとてもきれいねヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ〜」(いしだあゆみ 昭和43年)を堪能しました。しかし、あれから半世紀、横浜はMM21計画で未来都市のように変貌し、きれいに装った横浜もいいが、「♪アァアァ…あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば〜」(青江三奈 昭和43年)のようにどこかで哀愁漂う町並みが残っていたほうがいいように思うのは、筆者だけだろうか。
    しかし、半世紀前グリーンクラブでガンガン走っていた人は皆20代で(僕は高校へ行ってた頃)夜8時くらいに川崎・大野商会を出発して顔振峠へ向かって夜通し走り、また走って戻ってくるとか、同じくらいに出発して沼津まで走るとか(途中の道路脇で寒くなり、輪行袋に入って仮眠した記憶が)、たしかに当時は無茶苦茶だったけど、若さゆえ走れたのではないだろうか。今になってはいい思い出になっている。
    さて、9月のクラブランは、フレンド商会を2軒梯子して「油そば」を食べに行こうというもの。雲行きがかなり怪しい中(いや小雨が降る中)、メールに連絡が来ていなかったので、荻窪の家を9時少し過ぎに出発、JR中野駅に9時半少し前に着く。この雨模様で、誰も来ないのではないかと心細くなっていた頃、しばらくしてIさん、Kさんが時間差で自転車に乗って登場。心強く感じる。よし、ナイトランの次はレインラン…、とにかく最初の阿佐ヶ谷にあるフレンド商会まで行って考えようということで出発。走り出すが、雨はやむ気配はない。筆者は久しぶりのフレンド商会だが、4階から地下2階まであり、どれも高級路線でまたロード関係のものが多く、価格に関心するばかり。この店とは逆の方向で店を構えているのが、この先(関町)にあるフレンド商会で、店主がかつてトライアスロンに参加した経緯から、そのレースをする人向けのオーダー車を製作している。ツーリング車もいくらかあるが、手作り感があって僕は関町のフレンド商会のほうが好きである。ということで、(武蔵境の先にある珍々亭を諦め)青梅街道を荻窪まで走り、そこで少し早めの昼食にすることに。以前入った「春木屋」は昼時は行列ができるので避け、地元の人しか行かない脇道にある「春木屋本店」へ。同じ名前だが、まったく関係ない店で基本日本蕎麦屋で、昔よく蕎麦屋に行くとなぜかラーメンがあったが、ここも蕎麦屋のラーメンでかつて「支那そば」といった頃の(さっぱり系の)味がまだ残っている。11時半前に入店、店内にはまだ客がいないことをいいことに好きな席に座り、全員「中華そば」を注文。食べている間に近所の常連さんがおしかけてきたので、いい時に来たなと。その後、地下鉄丸ノ内線の地下通路へ案内して、そこで解散。2、3キロしか走らない最短距離のクラブランでした。「油そば」残念でしたが、来年再チャレンジしたいと思います。お疲れ様でした。

    | - | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    原錣梁崎シリーズ
    0

      レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウ、ロバート・B・パーカーのスペンサーといったシリーズにはいっとき嵌った。日本でこの手の小説は難しいのではと思っていたら原錣梁崎を知り、これも嵌りつつある。小説の舞台設定が僕が暮らしているエリアということもあり、読んでいて情景がよくわかるのと、苗字しか名乗らない沢崎というキャラクターに魅力があるからだろう。沢崎が小説のなかで両刻みのピースをうまそうに吸うシーンがあるせいか、夢のなかでときたま自分がタバコを吸っている。やめて10年近くなるが、先日の夢では缶ピースの封を切って吸っていたが、まだ缶ピは売っているのだろうか。

       

      | - | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      サマセット・モーム『月と6ペンス』
      0

        ストリックランドの赤尾洋平さんに、STRICKLANDの名前の由来を聞く。サマセット・モームの『月と6ペンス』(岩波書店)に登場するチャールズ・ストリックランドからとって名づけたとのこと。このストリックランドは画家で、ゴーギャンがモデルになっているのだが、ゴーギャンはフランス人で、この小説の彼はイギリス人で共通点はあまりみられない。40歳のとき、ロンドンの株式仲買人だったストリックランドは何かにとりつかれたかのように「おれは絵を描く」と言い出す。そして、妻子をすてタヒチへ渡る。この小説はモームが療養中に書いたとされているが、ある日画家となり、文明社会からドロップアウトしたストリックランドの生き方に作家であるモームの生き方を重ね、作家として自分自身が生きる意味を見出そうとしたのだろか。しかし、「月と6ペンス」というタイトルが洒落ている。“「月」は、ストリックランドがとりつかれた、狂気のような芸術創造の情熱を象徴し、「6ペンス」とは、英国で用いられているあまり価値のない貨幣の単位であり、これは月とは逆の、ストリックランドがすてさった平凡な社会生活や一般的な慣習を意味するものと思われる。”(訳者・加藤輝男の解説より)

        | - | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        たまに、J1を見るサッカーファンより
        0

          「試合に負けて予選リーグで勝つ」といのと、先日のWカップ1次リーグの最終戦は少し違っていて(というか棚ぼた…)、格下チームが途中から守りに入ってしまったがゆえにどうもぎこちない試合運びになってしまったような気がします。初戦の失うものがなく、格上チームに挑んでいったときの勢いというか思いっきり闘って試合を楽しむという姿勢が見られなかったのが残念。「攻撃が最大の防御なり」でもあり、初心の攻めの姿勢で決勝トーナメントに臨んでいただきたいと思っています。がんばれニッポン!

          | - | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          青山ブックセンター六本木店、閉店を惜しんで
          0

            青山ブックセンター六本木店が6月25日で閉店と聞きました。大変残念です。良い書店は僕にとって学校であり、六本木店の本の分類の仕方が好きで、自分が知らないことを色々と教えていただきました。深く感謝しています。風俗店が増えた一方で美術館もいくつかできたのですが、六本木からも文化が消えていくような印象があります。

            | - | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |