RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 隠された聖火台 | main |
ショーン・タンの『夏のルール』
0

    オーストラリアの絵本作家のショーン・タンの『セミ』の不思議な絵に魅せられて、『ロスト・シング』『アライバル』『見知らぬ国のスケッチ:アライバルの世界』『遠い町から来た話』と読む(見る)。タンは1974年、西オーストラリア州フリーマントル生まれ、「居場所を探す旅」の話が多いのは、彼の父がマレーシアからオーストラリアに移住したという経歴が作品に影響しているようだ。どの作品も素晴らしいが、『夏のルール』(ショーン・タン 岸本佐知子 訳 河出書房新社 2014年)は、最高傑作ではないだろうか。

    | - | 11:04 | comments(0) | - | - | - |