RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< ショーン・タンの『見知らぬ国のスケッチ』 | main | ショーン・タンの『夏のルール』 >>
隠された聖火台
0

    吉岡徳仁デザインの2020年東京オリンピック・パラリンピックのためのトーチが3月に発表された。そして、今月隈研吾設計の新国立競技場が完成した。だが、聖火台はまだどうなるのか発表されていない。ところが、吉岡さんも「浮遊する"泉"」と題した新国立競技場の設計案を2016年に発表していて、吉岡案は地下にある競技場の上がドーナツ状の水盤なっていて、その水盤というか競技場全体が巨大な聖火台に変わるものだった(詳細は『商店建築』2020年1月号の「日本商空間デザイン史」をご覧ください)。まだ、聖火台は未発表だが、隈さんのことだから、多分何かアッといわせる仕掛けがあるのかもしれない。どこから現れるのか、すでに設置されているのかは分からないが、開会式当日のサプライズになっているのだろう。

    | - | 15:42 | comments(0) | - | - | - |