RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< アイルランド戦と美空ひばりAIに感涙 | main | ショーン・タンの『見知らぬ国のスケッチ』 >>
夢の決勝トーナメント、南ア戦を終えて
0

    僕の学生時代(70年代後半)、ラグビー好きの友人に誘われて正月は国立競技場へ足を運んだ。当時は松尾選手がいた新日鉄釜石の全盛期だった。学生日本一と新日鉄釜石が闘うと学生は歯が立たなかったが、日本代表チームが海外(欧州や豪、ニュージーランドなど)のチームと闘うと、大人と子供の試合のようで、日本代表チームもまったく歯が立たなかったことを記憶している者にとっては(今回日本でWカップが開催され)予選リーグで全勝してベスト8入り、決勝トーナメント進出は夢舞台であり、客席で試合が始まる前に涙していた人がいたが、同じ気持ちである。南アの底力をみせられたが、最後まで素晴らしい試合をみせていただき感謝です。ワンチームの皆様お疲れ様でした。

    | - | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017883