RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 桂離宮 | main | 望月衣塑子著『新聞記者』を読む >>
都築響一の『圏外編集者』を読む
0

    都築響一さんは僕と同い年だが、フリーの編集者としては都築さんが大先輩である。僕は武蔵美の建築学科を卒業してゼミ担当教授の竹山実氏の紹介で『インテリア(JAPAN INTERIOR DESIGN)』の編集部に入れてもらったが、都築さんは学生時代から『POPEYE』の編集部でアルバイトをしていて、その後『BRUTUS』の建築、デザインなどの記事を担当されている。僕がフリーになったのは1988年の秋で、その頃から僕は『BRUTUS』編集部に出入りするようになったが、都築さんはすでに編集部にいなかった(これは余談だが、僕が「BRUTUS不動産」の連載記事を担当させてもらったのは、それから10年後の1998年から)。都築さんはおもしろいこと(もの)を見つける才というか嗅覚があり、常に僕の一歩先を行く編集者として敬服している。『圏外編集者』(朝日出版社)で、その都築さんがこれまでの編集の仕事について語っている。出版業界の雑誌のピークは80年代だと思われるが、その時代に僕も雑誌や書籍の編集の仕事に携われたことは、今考えると幸せだと思える。現在メディアは印刷物からウェッブにかわり、都築さんは自分のメディア(メールマガジン「ROADSIDERS' weekly」)を持ち、絵巻物のようなウェッブ頁を毎週制作してアップしている。ゆえに今が一番忙しいという。また、出版業界はブックフェアよりもコミケのほうが盛り上がっている状況を「ど素人の乱」だという。たしかに素人と玄人の境は、(写真やデザインもそうだが)あらゆる分野で消えつつある。これまでの仕事の経験値が通用しなくなっている。ならば、いっそ素人に戻り、できあがったものがウェッブなのか印刷物なのかによって異なるが、メディアの仕事しては同じである。かつて、専門誌と一般誌の仕事をすることでその間のジャンルの振れ幅を楽しんだが、(それがたとえ今はオンデマンドだとしても)グーテンベルグの時代のペーパーメディアからIT時代のウェッブメディアの今日までの間の歴史の振れ幅を楽しみたいと思っている。

     

    | - | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017879