RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 吾輩(猫)と同衾する | main | 自分はインドで何を考えたのか >>
油そば、初体験
0

    油そばを食べに、武蔵境と東小金井の間くらいにある珍々亭へ行く。その日はあいにくの日曜日、ネットで調べると日曜・祝日は休みとある、ならば東小金井の駅前にある宝華まで行くことに。歩くこと15分。時間は14時を過ぎていたが、店の前には4、5名ほどの行列ができていた。並ぶとメニューを見せらたが油そばがなく、メニューの一番上に宝華そばとあった。どうやらここでは油そばと呼ばずに宝華そばというらしい。珍々亭が元祖油そばという看板を出しているのでそれに対抗して、あえて宝華そばと呼ぶのだろう。何分カップ麺の油そばしか食べたことがなく、油そば初体験。ネットの写真で見た珍々亭の油そばは太麺の冷やし中華のように見えたが、宝華そばは色が濃くかなりコッテリしている印象だが、食べてみると意外にさっぱりしている。ただそれほど酸味がないが、なぜかまた食べたくなる味だ。次回は平日に珍々亭に再チャレンジしてみて味を比べてみたい。10年ほど前に東中野で食べたやや酸味が強く、ラーメンと焼きそばの中間のような味のローメンを思い出した。あのローメンも、不思議とまた食べたくなる味で、長野の伊那地方にまだあるというので、いつか食べに行こうと思っている。

    | - | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017868