RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 帰ってきたという感覚 | main |
映画「ブレードランナー 2049」
0

    成田からスリランカへ向かう飛行機のなかで、映画「ブレードランナー 2049」(2017、アメリカ)を観た。同行した人のなかには映画館で観るためにあえて観なかった人もいた。その人が正しいように思う。あれだけ時間をかけてつくり込み、また35年という時間を経ての続編ということを考えると、僕も我慢したほうがよかったかなと。ただ、読書にも少し厭きてくるとどうしてもどのような映画があるのか、つい検索してしまう。しかし、この映画はもう一度映画館で観てみたい映画だ。そうあの暗闇のなかで、短時間でありながらまったく別の人生を体験(生きることが)できる。映画館へ行きましょう。

    | - | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017851