RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 吾輩が同衾する | main | AIに笑いはとれるのか >>
大人版「キッザニア」?
0

    人間に代わりフロント係をロボットが担当する「変なホテル」が話題になったが、同経営(HIS)の「変なカフェ」が渋谷にオープンした(朝日新聞2018.01.31)。単なる自販機ではなく、ロボットが3〜4分で「そこらの人間よりうまくいれますよ」と語りながらコーヒーをいれてくれるのだそうだ。同ブログにも以前書いたが、あらゆる労働がAIによって自動化されると工場生産・倉庫内での配送業務、商業やサービス業だけでなく、今や建設業、農業へと展開している。人間が生き延びる道は、やはり「創造性」しかないのだろうか。将来AIがAIのための社会を構築しはじめると、人間が過去の労働の喜びを得るためには大人版「キッザニア」ヘ行くことになるのだろうか。

    | - | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017845