RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 桑田佳祐のピースとハイライト | main | 吾輩が同衾する >>
書は東アジアの基幹芸術
0

    手で文字を書くことから日々遠ざかっている今日。また、文字を横書きしてしまう現代人。書家の石川九楊さんは、「パソコンの普及で憂慮するのは、縦書きが廃れていくことです。縦書きの連続筆記体として誕生した〈ひらがな〉は本来、一文字ずつ切り離して書くようにはできていません。(中略)英文の筆記体を縦に書くことができないように、ひらがなや漢字かな交じり文を横に書くことは無理がある。縦書きを失うと、日本人の思考にもぎこちなさが生じます」(朝日新聞2018.01.18)という。とはいえ僕自身書くのは横書きだが、送られてくるどこまでも横につながったパソコンメールは読みにくい。それゆえか、現代人はいにしえの書が読めなくなっている。ひらがなは一文字ずつ切り離して書くようにはできていないため、(ひらがなも漢字も)書き順を間違うと、まったく違う文字に見える。文字の書き順は手が覚えている。しばらく書くことから遠ざかっている現代人は書き順もそうだが漢字がそのものが書けなくなってきている。「縦書きの東アジアと横書きの西洋の言葉は根本が違う、日本の近代化の過程でそれらを同じと勘違いしたことが今の文化的危機を招いた」と石川さんは指摘する。文字を書く、手の復権とともに縦書きを心がけたい。

    | - | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017843