RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 欲望の資本主義 | main | 書は東アジアの基幹芸術 >>
桑田佳祐のピースとハイライト
0

    いつかどこかで聴いた「教科書は現代史をやる前に時間切れそこが一番知りたいのに何でそうなっちゃうの?」という桑田佳祐の歌詞が頭に残り、この曲をもう一度聴きたいと思ったが、タイトルがわからずネット検索してようやく見つけた。その間に桑田さんのミュージックビデオを梯子したがどれも素晴らしく、ミュージックビデオの作り込みも半端ではなく、ライブステージの演出の凄さにも驚く。誰も思っていたことを桑田さんが歌詞のなかで触れ、「日本の現代史(とくに戦後史)の授業は時間切れで終わる」と上手く表現してくれた。僕も戦後史に興味をもち日中韓3国共同で歴史編集された教科書を見たが、3国の最大公約数的な内容でがっかりした記憶がある。息苦しい時代にあって、音楽で世評批判していく、ミュージックビデオの中で様々な役を演じている桑田さんは視聴者を徹底して楽しませるエンターティナーであり、コメディアンである。僕もほぼ同時代を生き桑田さんの音楽に癒されてきた一人であり感謝とともに、40年以上も走り続けている天才ミュージシャンに敬意を表したい。

     

    | - | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017842