RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 「社会彫刻」としてのブログ | main | 吉野源三郎の『職業としての編集者』を読む >>
猫は哲学者では
0

    最近、猫が登場するテレビ番組や映画などが多いように感じる。それは犬もそうだが猫には人を癒す力があるからで、長年猫と一緒に暮らしていて感じる。人間とのコミュニケーション能力ということでは犬のほうが上であるが、個体同士の距離感でいうとでは猫のほうではないかと思う。仮に犬を批評家だとすると、猫は哲学者ではないだろうか。

    | - | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017835