RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 街道をゆく  五日市街道 | main | 「社会彫刻」としてのブログ >>
パソコン化する車のデザイン
0

    東京モーターショーが東京ビッグサイトで開かれ、注目を集めたのが各社が発表したEV試作車だった。ちょっと前までは軽自動車などは白物家電のような印象があったが、ホンダのEVスポーツカーの試作車を見ると、車全体のフォルムがパソコン化しているよう(ちょっと前のアップルのノートパソコンのよう)に見える。将来はAI(人工知能)を活用した車が主流になり、ドライバーの体調や年齢を気遣い、飲酒運転防止や認知症対策にも貢献することになると思うが、それは車ではなくパーソナルな交通機関のひとつになるといっていいだろう。かつて東京・晴海で開催されたモーターショーで新型車を見たときの(車を運転してみたいという)あのワクワク感が、現代の車のデザインに感じられないのは筆者だけなのだろうか。

    | - | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017833