RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 日常を離れ、スリランカの旅へ | main | パソコン化する車のデザイン >>
街道をゆく  五日市街道
0

    司馬遼太郎の「街道をゆく」というシリーズが好きで、関東で歴史ある街道を探すと鎌倉街道、甲州街道、青梅街道、五日市街道で、出発点からその街道の名前がついている終点の地域まで走るのは面白いのではないかと思いコースを設定しました。五日市街道の東端は高円寺で天法寺前からだということで、そこからひたすら西へ向かって漕げば、五日市へ辿り着くといった単純コース。誰かが、パターソンが描いた田園風景が昔の五日市街道の風景に似ているといったことが僕の記憶のなかにあったことから、その郷愁を求めて道が細くその割には車の交通量が多い、この街道を選んでしまったようです。ときたま大型車が脇を抜けていくので緊張状態がつづき、気を休める暇がなく、三鷹を過ぎたあたりで街道からはずれ、仙川の脇の小径を走ることにしました。そして、以前走ったことがある多摩湖自転車道に入り、途中で抜けて小金井公園で小休止。また、五日市街道に戻り、玉川上水に沿って両側に道があるので、車が少ないほうの道を選びながら昼食予定の究極ラーメン横濱家立川店に12時前に到着。12時前なのにほぼ満席。麺が硬く太く、こってり系のスープで体育会系の人にはもってこいの味だが、今日のこれまでの運動量よりもここで摂取したカロリー量が多いようにも。お腹はいっぱいになったが、自分の自転車の後輪が空気が抜けていることがわかり、空気を入れ、何とか走れそうなので出発。次の目的地であるこもれびの足湯を目指す。ところが(木曜定休日は調べていて知っていたのだが)その日(土曜)に限って休館。がっかり、また後輪の空気が抜けていたのでパンクとわかり修理をすることに。こちらのミスで足湯ではなく、皆(Kさん、Tさん、Iさん)をパンク修理に付き合わせてしまい申し訳ありません。そして、その時点で五日市へと向かうという意気込みが薄れ、(でも、多分足湯に浸かると同じような気分になったのではないかと)五日市ではなく、拝島を目指す。五日市街道からまたはずれ玉川上水に沿った道を走る。玉川上水の流れる音を聞きながら漕ぎ続け、途中休憩をしようと思って走っていたら、気がつけば拝島駅についていました。午後3時少し前で残す距離10km、このまま行けば夕方には五日市の駅に着きそうだが、皆さんと(ガムシャラに走っていた時代が懐かしいと)談笑後、そこで自転車をばらして解散。ということで前回(雨で小金井大勝軒で途中解散)に引き続き、今回もラーメン紀行になってしまいましたが、「街道を途中までゆく」ということでご勘弁いただければと。

    | - | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017832