RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< みんなの「社食堂」 | main | ラーメン二郎のラーメンに再び挑戦したが… >>
がんばれテレビ!
0

    買い物帰りの60代の夫婦の会話を通りすがりで耳にした。「最近のテレビは芸能人がクイズに答えたりゲームをやったり、彼らが楽しんでいるだけの番組しかなくなったね」と、コント55号の欽ちゃんは一般の人との絡みで、予想できないバラエティ番組をやっていたが、今の芸能人参加型のそれはリアクションが派手な芸人の寄せ集めで、笑えるがつまらない番組が多いように感じていたのは自分だけではないと思った。しかし、NHKのドキュメント番組も一歩踏み込んだ内容のものが作りづらい時代なのか、いい番組が少なくなっているように感じる。そして、挙げ句の果てネット発信され、話題になった映像の再編集、テレビ番組制作者たちの進むべき方向とは違うのでは…。

    | - | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017814