RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 大学生の5割が読書時間「0」 | main | みんなの「社食堂」 >>
恋人同士の心と心の間のスマホ
0

    最近TVドラマはほとんど見ないが、現時点で恋愛ドラマを描くことが難しくなっているということが想像できる。かつては元ネタになる原作があり、それを現代風にアレンジすればよかったのだが、SNSの時代にあってはスマホが人と人をつなぐための重要な装置であり、現代にあってはより複雑で恋人同士の心と心の間にもスマホが入り込んでいるように思う。スマホを常時携帯し、そのスマホを見ながら街を歩いている若い人たちを見かけると、彼らには偶然性による出会いなどなく、スマホを介さなければ人と人が会うこともできなくなりつつあるのではないだろうかと思う。恋愛ドラマの演出でもスマホが重要なツールになり、複雑な展開が予想される。少し前のアクション映画を観るとそこで使われている携帯の機種で時代がわかる。すでに、人類は携帯からスマホの時代に入り、大きく生活環境が変わったことは実感できるが、そういった装置を使わない人たちとの溝もさらに深まりつつあるように思う。

    | - | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017812