RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< スリランカの犬 | main | 大学生の5割が読書時間「0」 >>
ガラスケースに納まった金色の仏像
0

    スリランカは交差点など人目につきやすいところに金色の仏像(お釈迦様)がショーウインドウに飾られている。大きさは等身大、もしくは2、3mでけっして大きくない。そのガラスケースの隣りには広告看板もあり、まるでディスプレイされた商品のように、そういった仏像を街のいたるとこで見ることができる。見方によっては仏像の安売りセールのようにも見える。日本の崇高な仏像を見てきた者には、街中で広告看板と一緒に並んだ仏像はどこか庶民的でフレンドリーというか、アイドル的要素を秘めているようにも感じられる。それはキリスト教やイスラム教、ヒンズー教など、この国では多くの神様が同居し、お互いの宗教を尊重し、仏教徒が多いこの国ではより身近に感じてもらうために仏像が街中に置かれ、広告塔の役目をしているのではないだろうかと。

    | - | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.suzuki-e-works.com/trackback/1017810