RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< 永遠のマイナス | main | 負けても、汚さず >>
未完の建築が2026年完成?
0
    サグラダ・ファミリアが、昨年「2026年完成予定」と発表された。インターネットでは現在の状況から完成までのCG画像を動画で見ることができる。「サグラダ・ファミリアは未完だからよくて、完成したら誰も見に来ませんよ」とバルセロナ在住の建築家、丹下敏明さんがいっていた。筆者は1989年、2002年、そして今年とサグラダ・ファミリアを見ているが、毎回工事状況が変化している様子を見ることができるのは楽しい。2026年はガウディ没後、100年目にあたるということだが、未完の建築を楽しめるのがあと12年しかないのは寂しい。永遠とはいわないが、1882年起工のこの建物は急ぐ必要はなく、修復再生と新築工事を同時に行っていることが、やはりサグラダ・ファミリアの一番の魅力のような気がするだが…。
    JUGEMテーマ:アート・デザイン
    | 建築 | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。