RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

<< テマヒマ展〈東北の食と住〉を見て | main | 夢の扉+マドル・スルー >>
東北大SSDとインテリアデザイン
0

    五十嵐太郎さんに、東北大学のSSD(せんだいスクール・オブ・デザイン)で「インテリアデザイン」というテーマで3回レクチャーを開催するので、その1回目(2回目飯島直樹さん、3回目浅子佳英さん)の講師として呼んでいただき、先週の木曜日に仙台へ行ってきました。始まったのは夜7時、場所は卸町の倉庫街にある阿部仁史さんのアトリエ、夜になるとちょっと寂しい場所でしたが、東北大学の建築学科の学生・大学院生、それと宮城大学、一般の方などでほぼいっぱいになっていました。夜遅いこともあってドリンク付き(質問付き?)、フランクな感じのレクチャーでした。前半に僕がなぜ、昨年2冊の倉俣さんの本を出したか、その経緯と、僕のこれまでやってきたことを自己紹介を兼ねてお話し、倉俣さんのことをまったく知らない学生もいるとのことで、倉俣さんの作品を年代ごとに見て簡単に解説を加えました。後半は、このレクチャーを受講された方が質問用紙に書かれた質問で、僕が気になったものから順にお答えするというものでした。仙台には美大がないとのことでしたが、みなさんデザインへの関心は高くまた熱く、不思議な一夜でした。翌日、(会場を提供していただいた阿部さんはロスへ行かれていて不在でしたが)所員の矢口さんが、インテリアの作品を2件(青葉亭、伊達の牛たんの本店3階)案内していただき、阿部さんたちのインテリアデザインへの関心が高く、建築家とインテリアデザイナーの差がなくなってきているようにも感じました。そういえば、このSSDに呼ばれた(僕も含めて)3名が今月上旬に会って、作戦会議という名目で飯島さんのところで飲んだのですが、何の作戦会議だったのか? とにかく前座を務めましたので、後は飯島さん、浅子さんよろしくお願いします。
    下記のURLにSSDレクチャー(5/24)の概要が掲載されています。
    http://sendaischoolofdesign.jp/archives/6289
    JUGEMテーマ:アート・デザイン
    | 建築 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。