RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。
倉俣史朗着想のかたち―4人のクリエイターが語る。 (JUGEMレビュー »)
平野 啓一郎,小池 一子,深澤 直人,鈴木 紀慶,伊東 豊雄
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

suzuki-e-works blog

横山秀夫『ノースライト』を読む
0

    建築家を主人公にした小説といえば、アイン・ランドの『水源』(1943年)を思い出す。横山秀夫の『ノースライト』(2019年)も一人の建築家(建築士)を主人公にした小説だが、ミステリー仕立で、ナチスの迫害から逃れ日本に3年半滞在したブルーノ・タウトが設計した一脚の椅子がを謎解きの鍵になっている。主人公の青瀬はクライアントから「建築家のあなたが暮らしたいと思える理想の家」を設計してほしいと依頼され、引き渡しが済んだ信濃追分の家に行ってみると誰も住んでいなかった。消えた一家を探す手がかりは、2階の浅間山を望む位置にあった一脚の椅子だけだった。そして、タウトが暮らした高崎の少林山達磨寺洗心亭、タウトが設計(改装)した熱海の日向別邸とタウトの椅子とテーブルが遺る上多賀の蕎麦屋、さらにタウトが招聘された仙台の商工省工芸指導所跡地へ。事務所の運命を懸けたコンペと併行して展開していく。長編ミステリー小説のあらすじを書くのは不粋なのでやめておくが、タイトルの「ノースライト」とは北側の開口部から入る光のことで、順光で庭園や風景を眺望できるので好まれている。

    | - | 17:07 | comments(0) | - | - | - |
    未来予想図のエアカーの出現!?
    0

      1960年代の少年雑誌では、「未来予想図」が描かれていた。その中で、現在のスマホはテレビ電話ができ、カメラ・ビデオ機能、音楽・映画などの再生装置、さらにPCに近い端末機能を兼ね備え、通信機器はすでに実現しているといったほうがいいだろう。また、遠隔操作できるロボット、さらには自動運転するクルマ、掃除ロボットなど何機種もある。それと、「空飛ぶクルマ」の有人飛行が公開された(「朝日新聞」9/2)。今空撮なで活躍中のドローンがさらに高性能なものになれば、21世紀にはクルマは(タイヤがないエアカーになり)空中を飛び交うという予測もそう遠い夢ではないだろう。

      | - | 16:01 | comments(0) | - | - | - |
      夏の早朝公園パーティー
      0

        毎年、GWの5月の爽やかな季節の中で公園パーティーを友人たちと楽しんできたが、今年は5月に入っても東京都は感染者が減らず、三密を避けてステイホーム、屋外であってもあってもこのような自粛ムードでは、密告されそうで中止にした。長女夫婦らと我が家で呑んでいたときに、夏に早朝公園パーティーをやろうという話を半分冗談で話していたのですが、みんなに声をかけたらやろうという話になり、いつもの小金井公園に8時集合にもかかわらず、9時にはほぼ全員が揃っていた。僕は荻窪の自宅を自転車で7時20分に出て8時5分前に到着。だが、8時ではラジオ体操も終わっている時間なので早朝とはいえない、来年は6時集合で8時解散にしようかな? そうなると4時起きで料理をつくり、5時には家を出ないと。誰も来ないのではないだろうか。

        | - | 16:02 | comments(0) | - | - | - |
        五十嵐太郎著『東京の建築』を読む
        0

          2020年7月23日が東京オリンピックの本来の開催日だったが、コロナ禍の影響で1年延期になった。世界中が予想もしなかった出来事に戸惑っている。五十嵐太郎の『東京の建築』の読後感として、2008年の北京オリンピックのメインスタジアム「鳥の巣」のようなアイコン建築が周辺環境の問題から望めないとわかっていたら、既存の「国立競技場」の再生(改築)案を募集するコンペにしなかったのか。再生された丹下健三の「代々木競技場」を見た。第一、第二とも半世紀を経てより輝きを増しているようにも感じられた。

          | - | 09:25 | comments(0) | - | - | - |
          『永遠のソール・ライター』を読む(観る)
          0

            入梅のこの時期、『永遠のソール・ライター』(小学館、2020)を読む、というよりは観る。この本の表紙にも使われている写真「帽子:Cap,c 1960」は、雨で濡れたガラス越しに見るストリートの何気ない風景だが、惹かれるものがある。ライターの作品は雪の日が多く、赤い傘をさした女性が登場する。ガラスへの映り込み、水滴によるぼやけた画像、二重、三重にオーバーレイする技法、白い雪と赤い傘を対比させた構図や色彩などすべて計算しくされているように感じる。ライターが長年住んでいたイースト・ビレッジの風景だと思うが、それぞれの写真にはストーリーがある。つい気になり、またページを開いてしまう。

             

            | - | 12:42 | comments(0) | - | - | - |